snowying

北海道・オホーツク海側の自然の中で暮らしています。バードウォッチングと羊毛フェルト、消しゴムはんこが好きです。 北海道で鳥を見て作る、北とりる(http://kitatoriru.web.fc2.com/)という屋号で鳥見・制作しています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶつぶ

20170706.jpg
海辺で拾った羽を洗って乾かして、整えていると
羽に茶色の粒状の汚れがついていることがあります。

20170706-2.jpg
油だろうか…
小さく広く海に浮いているのかな。。。

20170706-4.jpg
黒い鳥だけど
たぶんカワウとたぶんハシブトガラスの羽。
光線の角度によって輝くととても綺麗。
スポンサーサイト

ビーチコーミング

170628.jpg
最近ビーチコーミングにはまっています。

170628-2.jpg
羽を探して歩いています。

170628-3.jpg
種名や部位などを推測して拾っているのですが
帰ってきて図鑑と照らし合わせるとビックリするほど違っています…
そして分からないものが沢山あります…

春の青ユリ

うちの庭に青い番号付きのカラーリングのついたアオアシシギが来て、ばっちり写真が撮れた!

という夢をこの前見ました。
今日、それが3/4くらい正夢になりました。

まず、アオアシシギを15羽観察。
フラッグはなし。

その後、青い番号付きのカラーリングの付いたユリカモメを少なくても2羽発見!
20170511-3.jpg

秋も春も青いユリカモメは、オホーツクに寄ってくれるんだ!!!

しかし、どう頑張っても青いリングは見えるけれど番号が読めない…
何枚撮っても写らない…
目を凝らし過ぎて、なんか目が痛い…

リングは見えたが読めないーっていう夢を見そうです。

キジバト観察

庭のキジバト観察が楽しいです。
いろいろ考えてみたのですが、まだまだ検討中および知識不足の点も多く
間違っていたらすみません。

koto.jpg

4月30日に来た、後頭部にハゲがある個体は
失礼ながら、後頭部にハゲ→コウトウブにはげ、略して「コト」という名前を付けました。
 
羽の伸び具合がとても興味深いです。

コトは後頭部以外にも特徴があり、尾羽が2-3枚しかないのと
翼の羽の先端部分の欠損という特徴が一致しているので
4/30と5/6のコトは頭部以外を考えてもやはり同一個体だと思います。

5月7・8日も観察・撮影していますが、尾羽も新羽がどんどん伸びていていて
毎日楽しみです。

コトの雌雄、そしていつも2羽で来るので、その個体が同一個体なのか別の個体が入れ替わっているのか
毎日観察しては画像を見比べて推理して、頭を悩ませたり楽しんだりしています。

20170502.jpg
秋のユリちゃんでは簡単に見つけられたものが
春のユリちゃんでは見つからない…

20170502-2.jpg
うちの庭に来るキジバト観察が日々のお楽しみです。

夜遅く帰宅してくる旦那によると、今年はトラツグミが近くに来ているみたいなので
昼間会いたいです。

左サイドMenu

プロフィール

北とりる

Author:北とりる
趣味は野外に出かけて
生き物を探して歩くことと
家の中で羊毛フェルトや消しゴムはんこを作ること。

生き物の名前については、図鑑等で調べてはおりますが、間違いがあると思います。もし間違い等ありましたら、コメント等でご連絡いただけると大変ありがたいです。写真や文章等の無断転載・無断転用はご遠慮下さい。

このブログ内では生き物の撮影地は一切記載しませんが、野鳥につきましては、観察数の多くない種類・シーズン初認・終認などの場合に『日本野鳥の会オホーツクブログ』に投稿していますので、リンク等からご覧ください。

メール

連絡はこちらからお願いいたします。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

お知らせ

★HPを作りました。http://kitatoriru.web.fc2.com/ソーゴー印刷株式会社様から出版されている雑誌『northern style スロウ vol.38』,『チビスロウ オホーツク2014』に掲載していただきました。 お手にとっていただたけたら幸いです。 ★網走・流氷硝子館様にて羊毛フェルト小物や消しゴムはんこを置いていただいています。お近くにお越しの際にはご覧いただけると嬉しいです。

最新記事

カレンダー

最新トラックバック

ブログに降る雪

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。